大分市、別府市周辺エリアの中古住宅・不動産売買専門ウェブサイト|不動産売却の流れ

売り買いネット > 不動産売却の流れ
不動産を売りたい
不動産売却の流れ
売りたい買いたい
ネットワーク

まずはお話をお聞かせ下さい。ご売却しようとすることになったご経緯や今後のご意向を大切にして、専門的見地からの問題点(ローン残債の有無や登記内容の確認)をアドバイスいたします。

矢印
インターネット

一般的な簡易の机上査定ではなく、現地物件の確認を致します。 市場動向も踏まえた価格算定を致しますので、物件によりお時間をいただく場合もございます。 (簡易査定をご希望のお客様には即日査定結果をお知らせ致します)

矢印
チラシ類

調査した物件の査定結果をお知らせ致します。併せて、今後の販売活動などのご説明も致します。 販売時の諸費用や税金へのご質問にもお答え致します。

矢印
オープンハウス

媒介契約には3種類あります。有効期限は最長3ヶ月となっており、期間の更新は可能です。

  • 専属専任媒介契約

    特定の1社だけに売却を依頼する契約です。他の業者に重ねて依頼することは出来ません。 この契約を結んだ場合は、仲介業者は指定流通機構(レインズ)に物件情報を登録し、一週間に一度、業務状況を報告する義務が生じます。

  • 専任媒介契約

    特定の1社だけに売却を依頼する契約です。他の業者に重ねて依頼することは出来ません。 専属専任媒介契約とほぼ同じ条件ですが。違いは専属専任媒介契約では、自分で買主を見つけてきた場合、仲介業者を通じて契約をしなければなりませんが、専任媒介契約ではその必要がないことです。 この契約を結んだ場合は、仲介業者は指定流通機構(レインズ)に物件情報を登録し、二週間に一度、業務状況を報告する義務が生じます。

  • 一般媒介契約

    複数の仲介業者に依頼でき、自分で買主を見つけてくることもできます。ただし、仲介業者は売却のための活動は行う際に指定流通機構(レインズ)に物件情報を登録するなどの義務は負いません。

矢印
看板

実際の販売活動に移ります。当社の基準としておおよそ3ヶ月程度での成約を一定の目安としています。 販売活動についてはこちらをご確認ください 【販売活動の内容はこちら

矢印
看板

購入希望のお客様が現れると、売買契約締結の条件を整備します。 売買価格や引き渡し時期、代金の支払い方法等の具体的な契約条件について調整を行います。

矢印
看板

諸条件の整備をおえると、売買契約の締結を行います。
・重要事項説明書の説明・交付
・売買契約書の交付
・手付金受領

矢印
看板

売主、買主、不動産仲介業者、司法書士、ローン利用の際は銀行担当者の立会いのもと、残代金の受け渡し、登記手続き等を行います。
・残代金受領
・登記申請
・物件のお引渡し
・仲介手数料などの諸費用お支払い

無料相談はこちら
売り買いネットの販売方法
売却にかかる費用
売却中のご注意点